2010(平成22)年7月の豪雨で土石流が起こった吉野ヶ里町永山地区に砂防ダムが完成し、見学会があった。当時はまだ避難勧告が解除されておらず、4世帯19人が避難先の町営住宅などで生活していた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加