高梨沙羅の1回目の飛躍=クラレ蔵王シャンツェ

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会は20日、山形市クラレ蔵王シャンツェ(ヒルサイズ=HS102メートル)で個人第9戦が行われ、日本勢は高梨沙羅(クラレ)が89メートル、94・5メートルの合計189・8点で6位となったのが最高だった。

 マーレン・ルンビ(ノルウェー)が96メートル、92・5メートルの198・7点で今季2勝目、通算15勝目を挙げた。伊藤有希(土屋ホーム)は11位、勢藤優花(北海道ハイテクAC)は13位、岩渕香里(北野建設)は22位、丸山希(明大)は29位、茂野美咲(CHINTAI)は30位だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加