卓球の全日本選手権男子シングルス決勝は水谷隼が大島祐哉(ともに木下グループ)に4―2で勝ち、単独最多を更新する10度目の優勝を果たした。

このエントリーをはてなブックマークに追加