今春から教科「日本語」の授業に取り組んでいる鳥栖市の若葉小(船津智校長、410人)で8日、日本の伝統音楽に親しむ演奏会があった。子どもたちが津軽三味線と薩摩琵琶の共演を楽しんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加