無病息災を祈る「鬼火たき」がこのほど、佐賀市富士町の麻那古地区で開かれた。地域住民約40人は積み重なった竹に火を付け、空へと上る火柱を見つめた。 子どもからお年寄りまで幅広い世代が参加した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加