サッカー・J1サガン鳥栖は19日、スペイン2部のCFレウスからMFフアン・イサック・クエンカ・ロペス(27)が完全移籍で加入すると発表した。

 同1部のFCバルセロナに在籍したこともあり、攻撃活性化のキーマンとして活躍が期待される。背番号は7となる。

 クエンカはスペイン出身。179センチ、68キロ。バルセロナの下部組織で育ち、2011年にトップチームに昇格。同年、クラブワールドカップで優勝を経験した。メッシやイニエスタとプレーした経験もある。アヤックス(オランダ)など、欧州のクラブを渡り歩く中、CEサバデル(スペイン)では、鳥栖の新指揮官に就任したルイス・カレーラス監督のもとで戦っている。

 主に中盤から前寄りでサイドのポジションを担当。機を見て駆け上がり、精度の高いパスで得点機を演出する。カレーラス監督が掲げる「ボールを動かすサッカー」を体現できる選手で、FWフェルナンド・トーレスらとの連係も期待される。

 クエンカはクラブを通じ、「私にとって大きなチャレンジ。サガンティーノとクラブのために全力で戦うことを約束する」とコメントした。チームは20日から沖縄でキャンプを行うが、合流時期は未定。

このエントリーをはてなブックマークに追加