実の親が育てられない子どものための特別養子縁組制度について議論している法制審議会の部会が、現行で原則6歳未満としている対象年齢を、小中学生が含まれる15歳未満に引き上げる見直し案を固めたことが19日、分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加