女子シングルス3回戦で、ポイントを奪い雄たけびを上げる大坂なおみ=メルボルン(共同)

 男子シングルスで4回戦進出を決め、ガッツポーズの錦織圭=メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第6日は19日、メルボルンで行われ、シングルス3回戦の女子で四大大会2連勝を目指す第4シードの大坂なおみ(日清食品)が第28シードの謝淑薇(台湾)に5―7、6―4、6―1で逆転勝ちし、2年連続で4回戦に進んだ。

 男子3回戦では第8シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング44位のジョアン・ソウザ(ポルトガル)に7―6、6―1、6―2でストレート勝ちした。

 女子ダブルス2回戦で日比野菜緒(ブラス)デシラエ・クラウチク(米国)組は、アリソン・バイ、ゾイ・ハイブス組(オーストラリア)に6―2、6―1で勝った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加