有田町にある有田工高の第50回卒業制作展が22~27日、同町の県立九州陶磁文化館で開かれる。全日制と定時制の生徒と聴講生計213人が、課題研究で取り組んだ作品を中心に約500点を展示。作品を紹介する発表会も開く。

 セラミック科は明治維新150年にちなみ、日本磁器発祥の地とされる同町泉山の磁石を使い再現した焼き物など、デザイン科は「維新―これあらた―コレアリタ」を共通テーマにした商品・製品企画の提案内容などを展示。電気科はイライラ棒など、機械科は自動で進むいすなど多彩な作品を並べる。

 制作過程をプレゼンテーションする課題研究発表会はデザイン科が24日、セラミック科が25日で、いずれも午前9時~午後3時。問い合わせは同校、電話0955(42)3136。 

このエントリーをはてなブックマークに追加