有田町上本村の法泉寺(桃谷法信住職)で12日夜、子ども雅楽が披露された。地元の園児から中学3年までの11人が、笙(しょう)や篳篥(ひちりき)などの雅楽器を演奏。集まった門徒や地域住民らが聴き入った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加