【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は18日の記者会見で、米国と北朝鮮に「真剣な非核化交渉を確実に再開させるべき時だ」と呼び掛けた。非核化を着実に進展させるため「明確なロードマップ(行程表)」が必要だとの認識も強調した。

 グテレス氏は、北朝鮮は非核化を目指すことを受け入れ、現時点では米朝双方が交渉に前向きだとして、自分が北朝鮮に行くなどして国連が交渉を後押しする必要はないとの見方を示した。

 行程表については「(米朝双方が非核化の)次のステップを正確に知り、交渉の進み方を予測できるようにするために必要だ」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加