米の収穫=2018年9月、埼玉県蓮田市

 生産調整(減反)が廃止されて2年目となる2019年産の主食用米について、34道府県が生産量の目安を前年より減らす計画を立てたことが18日、農林水産省などの調べで分かった。増産は8県、横ばいは3県だった。単純合算した全国の最大合計量は前年比0・5%減の約721万トンで、目安が守られれば供給は国が予測する需要を下回る見通し。4年連続で上昇している米価は高止まりが続く可能性があり、家計にとっては負担が増えそうだ。

 減反廃止で生産の自由度を高めても、業界はコメ価格下落につながる増産に慎重な姿勢を崩していない。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加