三菱自動車は18日、前代表取締役会長カルロス・ゴーン被告の不正行為に関する内部調査結果を発表し、海外の合弁会社から約782万ユーロ(約10億円)の不正な報酬がゴーン被告に支払われていたと明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加