活発な梅雨前線の影響で大雨となった九州各地は11日、土砂崩れなどの被害が相次ぎ、長崎、熊本、鹿児島各県で一時、計約38万5千人に避難指示や避難勧告が出た。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加