警察庁

 2018年の自殺者数は17年より723人少ない2万598人(3・4%減)で、9年連続で減少したことが18日、警察庁の集計(速報値)で分かった。人口10万人当たりの自殺者数(自殺死亡率)は0・5人改善の16・3人で1978年の統計開始以来、最少となった。18年1~11月のデータを17年同期と比べると、19歳以下の女性が増えており、有識者は「実態を分析し、対策を取るべきだ」と指摘している。

 速報値によると、男性は1万4125人(17年比701人減)、女性は6473人(同22人減)。自殺者数が2万1千人を下回るのは37年ぶり。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加