佐賀空港(佐賀市)で初めての国際線となる上海便が就航した。中国の格安航空会社(LCC)の春秋航空が週2往復で運航し、アジア最大の経済都市の上海と佐賀市が約1時間40分で結ばれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加