人工知能(AI)を使った自動野菜収穫ロボットを開発するベンチャー企業・inaho(本社・神奈川県鎌倉市)が17日、鹿島市と進出協定を結び、オフィスを開設した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加