河野太郎外相(左)、韓国の康京和外相

 日本、韓国両政府は17日、河野太郎、康京和両外相の会談を来週中にスイスで開く方向で最終調整に入った。複数の日韓関係筋が明らかにした。元徴用工訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じる確定判決を出した昨年10月以降、両氏が直接会談するのは初めてとなる。河野氏は被告の新日鉄住金が実害を被った場合、断固たる措置を講じる意向を伝える方針だ。

 日韓関係は元徴用工問題、韓国での慰安婦支援財団の解散決定、韓国軍艦艇の火器管制レーダー照射事案を受け、悪化の一途をたどっている。日本政府は「日本を軽視する文在寅大統領の姿勢に原因がある」(外務省幹部)との見方を強めている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加