岩手県大槌町の旧役場庁舎を巡り解体差し止めの訴えを退けた盛岡地裁判決を受け、平野公三町長は17日、報道陣に対し「庁舎解体は司法的に認められた。予定通り18日から作業に入りたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加