女子シングルス2回戦でプレーする大坂なおみ=メルボルン(共同)

 男子シングルス3回戦進出を決め、ガッツポーズする錦織圭=メルボルン(共同)

 男子シングルス2回戦 ポイントを奪いガッツポーズする錦織圭=メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第4日は17日、メルボルンで行われ、女子シングルス2回戦で四大大会2連勝を目指す第4シードの大坂なおみ(日清食品)が世界ランキング78位のタマラ・ジダンセク(スロベニア)を6―2、6―4で下した。第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)も3回戦に進んだ。

 男子シングルス2回戦では第8シードの錦織圭(日清食品)が世界73位で39歳のイボ・カロビッチ(クロアチア)に6―3、7―6、5―7、5―7、7―6で勝った。

 ダニエル太郎(エイブル)は第25シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)に3―6、6―7、3―6で屈した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加