気象庁によると、口永良部島の噴火で大きな噴石が火口から約1キロ飛散した。火砕流は南西と北西に約1・5キロ流れ出たが、集落には達していない。

このエントリーをはてなブックマークに追加