面談後、取材に答える八江利春委員長=佐賀県議会棟

 長崎県議会の九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)整備特別委員会の八江利春委員長が16日、佐賀県議会を訪れて石倉秀郷議長と面談した。長崎ルートの全線フル規格化を求める長崎県の立場を説明し、佐賀県の負担軽減策などについて一緒に議論を深めていくように要望した。

 面談は新年のあいさつとして非公式の形で行われた。八江委員長によると、新鳥栖-武雄温泉間のフル規格での整備に伴う予算を佐賀、長崎両県が連携して要望することなどを石倉議長に示したという。

 八江委員長は面談後、佐賀新聞の取材に「一県議として会いにきた。両県の間にすれ違いはもちろんあるが、われわれは努力しているし、(連携を)お願いしたい」と話した。

 佐賀県は1100億円とされる追加負担などを理由にフル規格化には応じられない立場を示している。石倉議長は「話を聞いただけでこちらからは何も答えていない。(整備方式の)方向性が出ておらず、コメントできる立場ではない」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加