熟したその果実は、鮮やかな炎色。闇夜の野辺にホオズキを見つけると、鬼火が灯っているような。 古事記には赤加賀智(あかかがち)の名で登場しています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加