■江戸時代からの磁器産地 西目の有田に対し、東目の皿山と呼ばれ、有田・唐津とともに肥前の代表的な陶磁器として名をはせた白石焼。古くは源平時代に起こったとの説があります。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加