現職と新人の陣営が出席した鳥栖市長選の立候補届け出事務説明会=市役所

 任期満了に伴い2月10日に告示される鳥栖市長選の立候補届け出事務説明会が15日、市役所であった。既に立候補を表明している現職の橋本康志氏(63)=3期=と、新人で元市市民環境部次長の槙原聖二氏(54)の2陣営から関係者が出席した。

 市選挙管理委員会の久光理委員長が「今日の地方自治体を取り巻く環境は非常に厳しく、本市も例外ではない。本市のかじ取り役を決める重要な選挙であり、公職選挙法のルールにのっとって選挙運動をしてほしい」とあいさつした。

 市選管事務局や関係機関が日程や選挙運動の注意点、手続きを説明した。投開票は2月17日。選挙人名簿登録者数は5万8206人(男2万7700人、女3万506人)=昨年12月16日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加