バランスボールで体幹トレーニングをする新加入のGK大久保択生選手(右)とFW石井快征選手=鳥栖市の北部グラウンド

初練習で選手たちの動きを見つめるルイス・カレーラス監督(左から2人目)。その右はフェルナンド・トーレス選手=鳥栖市の北部グラウンド

初練習を終え、記者の質問に答えるルイス・カレーラス監督=鳥栖市の北部グラウンド

全員でグラウンドを走り体を温める選手たち=鳥栖市の北部グラウンド

パス回しの練習で競り合う鳥栖MF高橋義希選手(前列右)とMF安庸佑(同左)=鳥栖市の北部グラウンド

バランスボールを奪い合う練習で、必死な表情を見せるFW小野裕二選手(中央)=鳥栖市の北部グラウンド

初練習に臨むため入念なストレッチで体を動かすMF伊藤遼哉選手(中央)=鳥栖市の北部グラウンド

 これまでとは一味違う始動となった。新シーズンに向けて15日、練習を開始したサガン鳥栖。歴代監督が序盤走り込みを重視したのに対し、ルイス・カレーラス新監督は実践の中から選手に必要な動きを浸透させていこうと、早速ボールを使った練習に取り組んだ。初日の様子を写真で紹介する。

サガン鳥栖、新シーズンに向けて初練習
このエントリーをはてなブックマークに追加