鳥栖市在住の作家原尞(りょう)さん=当時(43)=が長編2作目の『私が殺した少女』(早川書房刊)で第102回直木賞を受賞した。県内在住者としては初の快挙で、原さんは「ほっとした」と笑みを浮かべた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加