新ユニホームを披露するフェルナンド・トーレス(右)ら鳥栖の選手たち=鳥栖スタジアム

 【GK】昨季リーグ戦全試合に出場した権田がポルトガル1部のポルティモネンセから獲得の打診を受けている。このため、FC東京から大久保を獲得。横浜FCから高丘が完全移籍し、昨季チーム練習に参加した金珉浩(キム・ミノ)も新加入した。高いレベルの正GK争いを期待したい。

 

 【DF】センターバックは昨季急成長した高橋祐に期待が集まる。空中戦に強いクロアチア出身のガロビッチが加わり、谷口もけがから復帰。左サイドは吉田の移籍が痛いが、昨季終盤に先発に定着した三丸や精度の高いボールを蹴る安在に期待したい。右は小林、藤田が健在だ。

 

 【MF】守備的な位置には高橋秀がおり、原もボランチをこなせる。ベテランの高橋義や昨季チーム最多のアシスト数を記録した原川、無尽蔵のスタミナを誇る福田もいる。攻撃的な位置では、切れのあるドリブルでサイドから仕掛ける安庸佑(アン・ヨンウ)や、新加入の樋口に期待。攻撃陣に決定的なパスを供給する選手が現れてほしい。

 

 【FW】多彩な得点パターンを持つトーレスが攻撃陣をけん引する。昨季けがに泣いたイバルボは順調に回復しており、早期復帰が望まれる。昨季チーム最多の4得点を挙げた小野、空中戦に強い趙東建(チョ・ドンゴン)の存在も大きい。元日本代表・金崎の残留が決まれば、さらに強力な陣容となる。昨季J1で最少得点だった攻撃陣の奮起が上位進出の鍵を握る。

このエントリーをはてなブックマークに追加