177人がエントリーした高校10キロの選手たち=鳥栖市の鳥栖スタジアム前

 鳥栖市ロードレース大会(市、市陸上競技協会など主催、佐賀新聞社など後援)が13日、鳥栖市の鳥栖スタジアム前を発着点とするコースであった。子どもからお年寄りまで1107人が5キロ、10キロ、ファミリー(2キロ)の16種目に分かれて出走。小雨交じりながらも風のないコンディションの中、思い思いの目標に向かって走り抜けた。

 日本陸連公認の高校生10キロはキモソップ・ビクター選手(福岡第一)が29分51秒で優勝した。

 (10キロ公認高校生以外の種目の主な成績は後日、みんなのスポーツ欄で紹介する)

 【10キロ公認高校生】(1)キモソップ・ビクター(福岡第一)29分51秒(2)尾方馨斗(自由ヶ丘)30・25(3)高瀬桂(鳥栖工)30・51(4)松田優人(同)30・53(5)田中佑樹(九国大付)30・54(6)森洸晴(同)30・56(7)田中基秀(鳥栖工)(8)島崎元希(同)(9)高山匠也(同)(10)武藤圭汰(同)

このエントリーをはてなブックマークに追加