ものづくりの楽しさを知ってもらおうと、小城市の三里小学校で7日、児童と保護者ら約30人がようかん作りに挑戦した。地元の菓子メーカーの職人の指導もと、参加者は郷土の銘菓を作り上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加