篠笛の初心者講座を開く高原正義さん

 佐賀市出身の笛師、高原正義さん(74)が、佐賀市と唐津市で篠笛(しのぶえ)の初心者教室を開く。ドレミ音階の笛で分かりやすく指導し、高原さんは「気軽に参加を」と呼び掛けている。

 高原さんは、秋田を拠点とする劇団「わらび座」で30年間、役者や笛奏者を務め、退団後には熊本県和水町で篠笛工房を構える。県内外で初心者から指導者向けに講座を開き、伝統の和楽器の普及に努める。

 今回は、音の出し方から指使いなどを教える基礎講座。篠笛で使う数字譜ではなく五線譜で曲の吹き方を分かりやすく伝える。

 佐賀会場は、東与賀文化ホールで30日、2月6、13、27日午後7時半から。唐津会場は、相知町交流文化センターで3月28日、4月4、11、18、25日午後7時半から。参加費は1回2千円。初回は笛を貸し出す。ともに定員20人で、定員になり次第締め切る。

 また、3月3日午後1時半からは、相知町交流文化センターで笛作り講座を開く。参加費は4500円(材料費込み)。申し込み、問い合わせは高原さん、電話090(7061)3213。

このエントリーをはてなブックマークに追加