有明海沿岸にある鹿島市の七浦小(押方富美子校長、128人)の干潟の運動会「第15回がたっ子七リンピック」が14日、同市の七浦海浜スポーツ公園であった。全校児童が本場の「鹿島ガタリンピック」さながらに泥んこになって自然に親しみ、保護者らが笑顔で声援を送った。 競技は、潟スキー競走など全部で7種目。