110番の大切さを訴えるチラシなどを配布する参加者=鳥栖市の鳥栖プレミアムアウトレット

 「110番の日」をPRする広報活動が10日、鳥栖市の鳥栖プレミアムアウトレットであった。鳥栖署員や防犯ボランティアら約20人がチラシや粗品を配り、110番の適正利用などを買い物客らにアピールした。

 参加者は場内の通路に立ち、買い物客らに「素早い通報が犯人検挙に役立ちます」「警察に対する相談、要望は相談専用電話#9110へ」などと書かれたチラシや、ウエットティッシュ、反射材などを配布。併せて交通事故防止やニセ電話詐欺の防止などを呼び掛けた。県警マスコット「ごろうくん」やサッカー・J1サガン鳥栖の「ウィントス」も駆けつけた。

 活動後、北野一信同署長は「110番があればわれわれはすぐに対応する。110番の重要性や、緊急以外は#9110番に連絡することを広めてほしい」と参加者に要望した。

このエントリーをはてなブックマークに追加