週4回の練習を重ねている三近堂剣道クラブの剣士たち

 佐賀県白石町の須古小に隣接する三近堂で、三近堂剣道クラブの練習が週4日行われています。部員は小学2年生2人、4年生2人、5年生2人の計6人です。

 キャプテンの眞﨑克大くん(5年)は、お父さんの影響で3年の時から始めました。試合では先鋒として出場。「練習はきついけど、試合に勝った時の喜びは大きい」と話します。

 長年指導している中溝義之さんは「塾や稽古ごとがあり、以前と比べると練習量が少なくなっている」と話し、練習では指導を素直に受け入れることの大切さを伝えているそうです。

 寒い時期の練習に耐え、心身ともに成長した子どもたちの活躍が期待されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加