佐賀県は浮立や獅子舞など県内の伝承芸能の実態を20年ぶりに調査し、中間報告をまとめた。担い手のうち20代が不足していると答えた団体は約7割に上り、30代の不足も6割に迫った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加