報道陣に長崎県知事との会談内容を説明する山口祥義知事=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

会談後、報道陣の取材に答える中村法道長崎県知事=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 九州新幹線長崎ルートの整備方式の見直しを巡り、佐賀県の山口祥義知事と長崎県の中村法道知事は9日、佐賀市内で会談し、未整備区間の新鳥栖-武雄温泉間の整備の方向性を国が責任を持って示すように求めることで一致した。全線フル規格化については、中村知事が実現への理解を求めたが、山口知事は否定的な見解を示した。政府、与党が昨年7月にフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入を正式に断念して以降、両知事の会談は初めて。 

 非公開で約1時間、会談した。新鳥栖-武雄温泉間を含めた全線フル規格化に関して、中村知事は実現を要望している立場を説明し、地元負担の軽減などの議論に取り組むように要請した。一方、山口知事は巨額の財政負担やルートの選定、在来線の運行への影響を理由に、受け入れられないという考えを示し、論議は平行線をたどった。

 長崎ルートの武雄温泉-長崎間の整備によって2022年度に暫定開業した後、在来線のJR長崎線肥前山口-諫早間の特急列車が大幅に減便することに関し、山口知事は「県として(沿線の)鹿島、太良地域の振興に全力を尽くしているので、その部分はしっかり理解してもらいたい」と中村知事に呼び掛けた。

 会談後、両知事が報道陣の取材に応じ、中村知事は「今の事態はFGTの開発がうまく進まなかったことに原因がある。国の方で一定の方向性を明らかにしてもらう思いを持って取り組もうと合意した」と述べた。山口知事は「国においてしっかり打開する手だてを示すべきという点では一致した」と説明した。

 両知事は今後も意見交換を続けるとしている。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加