牛は首を差し出すように頭を台に乗せた。ひもでしっかりと固定され、じっとしていた。角に巻き付けられたワイヤが右に左に交互に引かれると、摩擦で煙が上がった。人の爪と違い、角には血も神経も通っている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加