鏡開きで登壇した「時の人」14人=4日、唐津シーサイドホテル

 唐津商工会議所主催の新年賀詞交換会で、昨年から始まった「時の人」による鏡開き。今年も14人が登壇し、地域と自身の飛躍を誓った。

 トップバッターは唐津くんち1番曳山(やま)「赤獅子」の刀町正取締の池田聡さん。14台の曳山で最も古く、今年創建200年を迎える。曳山行事にとっても祝賀の年になる。

 女性も6人。田中丸昌子さんが会長を務める通訳団体「唐津ボランティアガイド」は創立30周年。インバウンド時代を迎え、市民サイドから観光唐津を支えていく。KIMONOプロジェクト副実行委員長でもある茶道宗徧流唐津支部長の佐伯浩子さん、唐津人形浄瑠璃保存会代表の竹本鳴子太夫さんらも着物姿で登壇し、唐津らしい和の情趣を添えた。

 ほかの登壇者は次の皆さん。

 井上和彦さん(羽織はかまで観光客を迎える唐津城主)▽北方初美さん(唐津市初の女性部長)▽近藤晃彦さん(新館が11月オープンする唐津シーサイドホテル総支配人)▽坂本直樹さん(唐津やきもん祭り実行委員長)▽新冨寿賀子さん(発酵スイーツ「OHACCO」オーナー)

 田中直也さん(映画「花筐」ドキュメンタリーで受賞したぴ~ぷる放送ディレクター)▽田中稔さん(設備保全会社「item」を起業)▽鶴丸修さん(唐津焼陶片せんべいを商品化)▽原慎也さん(レオブラックス主将)▽藤田和歌子さん(NPO唐津環境防災推進機構KANNE事務局長)

このエントリーをはてなブックマークに追加