難聴者らを対象にした赤外線補聴システムを使った落語や佐賀にわかの公演が13日、佐賀市の県聴覚障害者サポートセンターであった。参加した約20人は出演者の軽妙な語り口に大きな笑い声を上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加