【きょうの催し】

 さぎん~610th~ウェンズデイコンサート(佐賀市唐人の佐賀銀行本店)◆十日恵比須大祭(佐賀市与賀町の與賀神社境内 佐賀恵比須神社)

 

【巡回車】(10日)

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)

 ◆献血車 9~12時=佐賀市・佐賀南警察署▽14時半~16時半=佐賀市・県農業大学校

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 

【捜しています】

 ◆捜しています 7日10時ごろ、自宅から3歳くらいの雑種猫(キジ・雌)が行方不明に。毛が短い。鈴付きで赤い水玉の布製首輪あり。佐賀市大和町、電話090(1178)5466、田代(佐賀新聞HPに写真)

 

【感染症】

(24~30日)

 報告数の多い疾病は(1)インフルエンザ=311件(2)感染性胃腸炎=123件(3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎=28件(4)手足口病=18件(5)突発性発しん、咽頭結膜熱=各9件

 (数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

 

【LIVE】

 ◆姉川恭子ConcertNo7bubbles

 (13日13時半、佐賀市柳町の浪漫座)大学教員で作曲家の姉川恭子さん(佐賀市出身)のピアノ演奏が中心で、ヴァイオリニストの野々口華子さんも出演。3000円(1ドリンク付き)、15歳以下500円。問い合わせは姉川さんのメール、kyokoanegawa@gmail.com。

 

【イベント】

 ◆図書館企画展「ライブラリーライフラボ」

 (20日まで、武雄市図書館蘭学・企画展示室)参加者が簡単な診断をし、そのタイプを分析して本を紹介する。人生100年時代に向けてアドバイスを受けられる。無休。同図書館、電話0954(20)0222。

 ◆イノシシの科学

 (2月24日まで、武雄市の県立宇宙科学館)私たちの生活に身近なほ乳類の一つで、来年の干支(えと)でもあるイノシシ。その生態や生活について紹介する。

 

【展覧会】

 ◆特別企画展「子どもも大人も楽しめる 鉄道のまち鳥栖を体感!」

 (14日まで、鳥栖市の中冨記念くすり博物館)鳥栖市大正町にある鉄道カフェ「門トス」とのコラボレーションで、本格的な鉄道模型や貴重な鉄道資料を展示。土、日、祝日のみ開催。同博物館、電話0942(84)3334。

 ◆watabokuスモールアートギャラリー

 (14日まで、鳥栖市の中冨記念くすり博物館)鳥栖市出身のデジタルアーティストwatabokuさんが、初の地元開催。電話0942(84)3334。

 ◆徴古館特別展「幕末明治の鍋島家-大名から侯爵へ-」第4期

 (14日まで、佐賀市松原の徴古館)佐賀県唯一の国宝の古代宮廷歌謡「催馬楽(さいばら)」の楽譜を10年ぶりに公開。鍋島直正の継室として嫁いだ筆姫の嫁入り道具の行器や、鍋島直大・栄子夫妻が伊藤博文首相官邸で開催された舞踏会で着用した衣装なども。9時半~18時。400円(高校生以下は無料)。徴古館、電話0952(23)4200。

 ◆平成30年度中林梧竹特別展・小城明治維新150年記念事業 「かたり継ぐ梧竹」~カレンダーにみる珠玉の作品~(後期)

 (14日まで、小城市立中林梧竹記念館)約20年にわたって制作されたカレンダーが多くの人々の目に触れ、梧竹の偉業が語り継がれた。近年、中林梧竹翁顕彰会によりカレンダーが再び制作され、梧竹の代表作品が広く紹介されている。「梧竹カレンダー」に掲載された作品を中心に展示し、多くの人々に親しまれた梧竹の偉業を紹介する。9時~17時。200円(大学生以下無料)、団体10人以上で、1人180円。障がい者手帳などを持参の人とその介護者1人は無料。手帳を提示する。月曜休館。

 

【告知板】

 ◆伊万里がんサロン「ひだまり」

 (2月1日13時半~15時半、伊万里市二里町の山元記念病院2階会議室)がん患者や家族が集まり、体験者同士語り合う。一般の参加もできる。がんに関する悩み、不安などについて専門職が相談に応じる。参加無料。小宮さん、電話090(2784)9106。

このエントリーをはてなブックマークに追加