佐賀県内で働きながら技能や知識を学んでいる外国人技能実習生のうち、昨年2018年に失踪したのは86人で、前年の17年を22人上回り過去最多を更新したことが県警の集計で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加