長野久義外野手

 巨人がフリーエージェント(FA)で獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、広島に長野久義外野手(34)が移籍することが7日、両球団から発表された。巨人は炭谷銀仁朗捕手の人的補償で内海哲也投手が西武に移籍したのに続き、生え抜きのベテランが移籍することになった。

 長野は巨人を通じ「3連覇している強い広島に選んでいただけたことは選手冥利(みょうり)に尽きる。巨人では皆さんの支えのおかげでここまで頑張ることができた。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしている」と述べた。

 広島の緒方孝市監督は球団を通じ「リーグ4連覇、そして日本一へ向けて大きな戦力になってくれると期待している」とコメントし、松田元オーナーも「(これまで長野に)痛い目に遭わされた」との言い回しで、勝負強さを評価した。

 長野は三養基郡基山町出身。福岡・筑陽学園高から日大、ホンダを経て2010年にドラフト1位で巨人入り。1年目に新人王に輝き、11年に首位打者、12年には最多安打のタイトルを獲得。11年から3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞に選ばれた。昨季は116試合に出場して打率2割9分、13本塁打、52打点で、通算成績は打率2割8分6厘、137本塁打、500打点。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加