JR九州は昨年3月に過去最大の減便に踏み切り、佐賀県内では学校が始業時間を変更するなど影響が出た。人口減少に伴い、今後も鉄道事業の合理化を進めていくのか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加