「終盤の鳥栖」蘇生へ衰えない末脚、相手を上回る運動量、試合が終盤になればなるほど相手との違いを見せる。試合の終盤といえば鳥栖の時間だった。しかし、今季はその姿が鳴りを潜めている。時間帯別失点を例に挙げると、今季の鳥栖は28失点中24失点を後半に喫している。特に残り30分以降で19失点。