亀澤選手から守備の指導を受ける子どもたち=嬉野市のみゆきドーム

 プロ野球ソフトバンクで来季からコーチを務める本多雄一さんや中日の亀澤恭平選手らによる野球教室が6日、嬉野市のみゆきドームで開かれた。市内の小学生ら約30人が参加。プロ野球選手の指導に目を輝かせながら、汗を流した。

 教室では3班に分かれてキャッチボールやトスバッティング、シートノックなど実践的な練習を行った。亀澤選手は「ボールを投げるときは足先を相手に真っすぐ向けて」と指導した。また守備練習では、捕球時にグローブを下げた状態で準備しておくことなども教えた。

 参加した大草野小6年の小副川朋也君(12)は「ゴロの捕球の姿勢などを教えてもらえて楽しかった」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加