新年の無病息災を願う鬼火たきが6日早朝、県内各地で実施された。大雨や台風、地震など近年多発する災害や病気から地域や家庭が無事であるようにと願う住民たちを、立ち上る炎が赤く照らした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加