基山町出身で、福岡を拠点に国際的にも活躍する書家松田朴伝(ぼくでん)さん(78)の新春を祝うパフォーマンスが5日夕、フレスポ鳥栖であり、明治維新150年と改元にかけて「一新(いっしん)」と揮ごうした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加