バラエティー豊かなビーフカレーセット=佐賀市三瀬村の「杠Cafe mani mani」

 視界いっぱいの山々や田んぼが窓から広がる佐賀市三瀬村の「杠Cafe mani mani」。店を切り盛りする田辺富子さん(71)は「食後に本を読んだり景色を見たり、ゆっくり時間を過ごして」とほほ笑む。

 お勧めは「ビーフカレーセット」(1000円)。カレーの具材はタマネギと牛すじで、隠し味のりんご、ショウガ、独自に手作りした焼き肉のたれがピリッとした風味を引き出す。取材時は、野菜サラダに果物、カボチャのスープ、小鉢、デザート、コーヒーとバラエティー豊かな品々が付いた。

 店を開ける毎週土曜日に、道の駅「大和そよかぜ館」などで三瀬産の新鮮な食材を仕入れ、ふんだんに使う。「レストランのように全く同じ料理は出せないけれど」と、季節や仕入れ次第の家庭的な献立を楽しんでいる。

 以前は野球部員だった息子が練習後によく友達を家に呼び、田辺さんの料理を大勢で囲んだ。たくさんの食事を作る楽しさが忘れられず13年前、店を構えた。息子の友人たちは今も、当時の味を喜んでくれる。田辺さんは「料理にものすごいこだわりがあるわけではないが、楽しみながら頑張りたい」と笑顔で話した。

 

▽佐賀市三瀬村杠664―5

▽11時半~18時

▽土日祝日のみ営業

▽090(2855)8063

このエントリーをはてなブックマークに追加