それぞれのペースで五社参りを楽しむ参加者たち=佐賀市

 毎年恒例の「新春五社参り・走ろう、歩こう会」(佐賀走ろう会、健康増進佐賀市民会議主催)が1日、佐賀市中心部で開かれた。今年で42回目。参加した約300人がそれぞれのペースで佐嘉神社などを巡り、爽やかな新年のスタートを切った。

 走るのは県庁から佐嘉神社、松原神社、八幡神社、護国神社、与賀神社と五社を巡る4キロのコース。歩きは、八幡神社までの三社で県庁に戻る2キロ。まだ暗いうちから県庁に集まり、準備運動を開始。昨年大ヒットした「DAPUMP(ダ・パンプ)」の「U.S.A.」に合わせた踊りで体を温めた後、一斉にスタートした。

 職場仲間と参加した理学療法士の枝吉直喜さん(27)=佐賀市=は五社を巡り完走。今年はさが桜マラソンに出場する予定で「神社で『自己ベストが出ますように』とお願いした。新年早々、とても新鮮な気持ちになった」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加