西九州トヨタ自動車(佐賀市)は19日の株主総会で、金子晴信社長(68)が代表権のある会長に就き、石井俊彦専務(63)が社長に昇格する役員人事を決めた。 金子隆晴副社長(43)は留任。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加